緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がんになった親,子ども,他の家族の 体験とその支援 1.子どもが親の病気について知ることの意義

「緩和ケア」2014年6月増刊号
がんになった親,子ども,他の家族の 体験とその支援 1.子どもが親の病気について知ることの意義

井上実穂(四国がんセンター緩和ケアチーム,がん相談支援 センター,臨床心理士)

「大人でさえショックを受けるがんの告知を,なぜ子どもにしないといけないのか」そうした疑問を抱く人はいるであろう。けれども,未成年の子どもを抱えるがん患者・家族を支援するうえで,子どもが親の病気について知ることは避けられない。そのおもな理由を以下に挙げる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る