緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がんになった親,子ども,他の家族の 体験とその支援 2.がんになった親の体験や心理 (1)学齢期の子どもをもつ母親の語りから 

「緩和ケア」2014年6月増刊号
がんになった親,子ども,他の家族の 体験とその支援 2.がんになった親の体験や心理 (1)学齢期の子どもをもつ母親の語りから 

小林真理子(放送大学大学院臨床心理学プログラム,臨床心理 士)

子育て中の親ががんになるということは,どれほど子どもを含めた家族全体に衝撃を与えることだろう。がんという診断に動揺しながらも,ほとんどの親は「子どもの世話をどうしよう?」「なんて伝えよう?」「私がいなくなったら子どもの将来は?」など,真っ先に子どものことを考える。入院や治療による実生活上の変化を余儀なくされ,自分のがん治療と子どもの世話を同時にこなすことは,時間的・体力的・心理的にも大きな負担となる。
本稿では,がんになった親の体験や心理について,学齢期の子どもをもつ親のグループで話された患者本人の語りを紹介しながら概説する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る