緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がんになった親,子ども,他の家族の 体験とその支援 2.がんになった親の体験や心理(2)がんになった親と配偶者に対する看護師の関わり

「緩和ケア」2014年6月増刊号
がんになった親,子ども,他の家族の 体験とその支援 2.がんになった親の体験や心理(2)がんになった親と配偶者に対する看護師の関わり

笠谷美保(千葉県がんセンター緩和ケア病棟,がん看護CNS)

親ががんになった未成年の子どものサポートや病状理解に関して,患者さんやその配偶者と話をする機会が,数年前に比べ増えていると感じる。所属のケースカンファレンスでも話題にのぼることがあるが,支援の必要性を感じながらも,話の糸口が見つけられなかったり,どこまで立ち入ってよいのか戸惑いがあったりと看護師がジレンマを感じていることは少なくない。
今回,筆者自身が緩和ケアチームの専従看護師とサポート外来という看護師主導の外来での支援の中で出会った患者さんを振り返りながら,看護師がどのように関わっていけるとよいかを考えてみたいと思う。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る