緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がんになった親,子ども,他の家族の 体験とその支援 3.子どもが感じる親の変化と対応 (2)臨床看護師の対応の可能性

「緩和ケア」2014年6月増刊号
がんになった親,子ども,他の家族の 体験とその支援 3.子どもが感じる親の変化と対応 (2)臨床看護師の対応の可能性

小迫冨美恵(横浜市立市民病院,がん看護CNS)

看護師は,がん患者自身の思いを通して子どもの反応を間接的に聞いていることが多い。しか
し,そのとき,子どもが何を必要としているのかはわかりにくく,戸惑うと思う。
ここでは,親や重要な人が,がんに罹患したときの子どもたちに対するケアについて臨床看護師ができることを念頭に,ひとつのストーリーを示しながら考えをまとめてみたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る