緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 終末期にある親と過ごす子どもが感じることとその対応 1. 親が亡くなる時期が近くなったときに子どもが感じることとその対応

「緩和ケア」2014年6月増刊号
終末期にある親と過ごす子どもが感じることとその対応 1. 親が亡くなる時期が近くなったときに子どもが感じることとその対応

白石恵子(国立病院機構九州がんセンターサイコオンコロ ジー科,臨床心理士)

親をがんで亡くすとき,子どもの心理的苦痛が強いことは明らかである。そのためか,子どもを取り巻く大人は,できるだけ親の死という現実に目を向けさせないで子どもを保護しようとする傾向にある。しかしながら,親の差し迫った死の経過を子どもに話さないことが,逆に子どもの不安を高くするといわれている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る