緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 終末期にある親と過ごす子どもが感じることとその対応 3.終末期にある親と子どもへの対応―看護師の視点から

「緩和ケア」2014年6月増刊号
終末期にある親と過ごす子どもが感じることとその対応 3.終末期にある親と子どもへの対応―看護師の視点から

佐藤美紀(北里大学病院看護部がん看護CNS)
桑原陽子(北里大学病院看護部がん看護CNS)
大塚 香(北里大学病院看護部小児看護CNS)
岡田瑞恵(北里大学病院看護部小児看護CNS)
坂下智珠子(北里大学病院看護部がん看護CNS)

近年,医療の進歩に伴ってがんは治癒または長期生存が可能な病気にもなりつつある。その中でがん患者は,さまざまな苦痛と折り合いながら日常生活を送っている。それは家族も同様で,臨床の場では家族へのケアも重要と考えられている。しかし,一般的に家族ケアは配偶者や親などの成人を対象としており,面会が制限される未成年者の家族へのケアは注目されにくい現状もある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る