緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がんになった親と未成年の子どもを支える人々や社会資源 1.身近な医療者,専門職の支援:医師(乳腺外科医の立場から)

「緩和ケア」2014年6月増刊号
がんになった親と未成年の子どもを支える人々や社会資源 1.身近な医療者,専門職の支援:医師(乳腺外科医の立場から)

太田道治(吉祥寺ブレストクリニック,医師)

乳がんを専門に診療をする医師として,罹患の年齢分布からも他のがん腫に比べて幼い子どもをもつ母親に数多く出会ってきました。親離れや子離れのタイミングには当然,個人差があります。子どもが低年齢であったり,障害を抱えている場合には,ほとんどの母親が“がん”と告知された時,普通ならば頭が真っ白になる瞬間に真っ先に子どもの将来を考えて,話しや質問をされていました。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る