緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がんになった親と未成年の子どもを支える人々や社会資源 1.身近な医療者,専門職の支援:看護師の立場から

「緩和ケア」2014年6月増刊号
がんになった親と未成年の子どもを支える人々や社会資源 1.身近な医療者,専門職の支援:看護師の立場から

茶園美香(慶應義塾大学看護医療学部)

最近,未成年の子どもをもつがん患者さんに接することが増えているため看護師は,がん患者さんの子どもに目を向けた支援の必要を強く感じ支援をはじめている。子どもさんのいる患者さんが入院されたときのこと,「この入院を子どもさんにどう話していますか」と聞くと,「実はどうしたらいいか悩んでいるんです…」という答えがかえってきた。患者さんは,子どもへの対応に悩んでいても看護師に相談するのを躊躇されているのだと思われる。悩んだときには,日常的に接する時間の多い看護師に,まず話してください。看護師は相談にのりたいと思っている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る