緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がんになった親と未成年の子どもを支える人々や社会資源 1.身近な医療者,専門職の支援:臨床心理士の立場から

「緩和ケア」2014年6月増刊号
がんになった親と未成年の子どもを支える人々や社会資源 1.身近な医療者,専門職の支援:臨床心理士の立場から

井上実穂(四国がんセンター,臨床心理士)

臨床心理士は,がん医療ではおもに緩和ケアチームやがん相談支援センター,緩和医療科,精
神科に配属されている。役割として,がんの治療を続けていくうえで生じる患者・家族の精神的な苦痛に対して,来談者の話をていねいに聞きながら,解決の糸口を一緒に見つけていくことを担っている。最近では,個人に対する精神療法よりもリエゾン的・コンサルテーション的働きが求められていることも多い。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る