緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がん患者とその子どもを結ぶ絵本たち

「緩和ケア」2014年6月増刊号
がん患者とその子どもを結ぶ絵本たち

増田志穂(株式会社大高商事/宇都宮市立河内図書館,司書)

大切な人が“がん”であると子どもが知ったとき,あるいは“がん”で亡くなったとき,子どもは落ち込み,たくさん泣いて悲しみます。深く悲しみ,自分ではどうにもならなくて「誰か助け
て」とSOSを発したときには,どこか安全で優しい場所に駆け込むことが必要です。それは,家
族だったり,友達だったり,大切な人を診てくれた病院の先生や看護師さん,あるいは学校の先生かもしれません。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る