緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 小児がんの子どもに伝えていくこと―子どもと家族と語り合い続けることの大切さ

「緩和ケア」2014年6月増刊号
小児がんの子どもに伝えていくこと―子どもと家族と語り合い続けることの大切さ

平田美佳(聖路加国際病院看護部,小児看護CNS)

小児がんと診断された子どもは,その病気や治療の特徴から長期にわたる入院生活を余儀なくされる。その生活は,制限が多く,治療とその副作用,検査や処置など多くの心身の苦痛を伴う。入院治療が終わっても,外観が変わる,体力が続かない,仲間の輪の中に入っていけないなど,苦難は続くことが多い。子どもたちは,自分自身の小さな身体と繊細な心でずっとその苦難に立ち向かっていく。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る