緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 子どもの反応 2.小児がん治療を受ける幼児期の子どもたち

「緩和ケア」2014年6月増刊号
子どもの反応 2.小児がん治療を受ける幼児期の子どもたち

馬戸史子(大阪大学医学部附属病院小児医療センター,CLS)

小児がん治療は,子どもたち自身にもご家族にも,心身共に大きな負担をもたらす。しかし,幼児期の子どもたちも,乗り越える力を引き出し支える援助があれば,無力感の中でただ心身の苦痛に耐えるのではなく,発達段階に応じた形で治療の意味や過程を理解し,安心感と主体性,癒しと楽しみ,見通しと達成感,自己表現と成長の機会を得て乗り越えていく可能性をもっていることを,日々子どもたちに教えられている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る