緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 治療を受ける子どもたち 1.身体的苦痛の緩和(特に痛みについて)

「緩和ケア」2014年6月増刊号
治療を受ける子どもたち 1.身体的苦痛の緩和(特に痛みについて)

天野功二(聖隷三方原病院臨床検査科,医師)

医学の進歩によって小児がんの子どもの70~80%に治癒が得られる時代になったが,それは造血幹細胞移植をはじめとした強力な(すなわち副作用や合併症も多い)治療によってもたらされた成果である。小児がんの子どもたちは,治療を終えて社会復帰を果たすまでに,あるいは治癒を得ることが叶わずに亡くなるまでに,長期間に及ぶ闘病生活を送り,その間にさまざまな身体的苦痛を経験するのである。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る