緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 治療を受ける子どもたち 2.ケアの側面「子どもが主体の緩和ケア」

「緩和ケア」2014年6月増刊号
治療を受ける子どもたち 2.ケアの側面「子どもが主体の緩和ケア」

竹之内直子(神奈川県立こども医療センター看護局,小児看護CNS)

子どもががんの治療を受けなければならないとき,子どもにとってその体験はどのように感じられるものだろうか。予期しない突然の入院で一緒に過ごしている家族と初めて別の場所で生活をすることになったり,これまで一緒に遊んだり,学習したりしていた友人と会えなくなったりするなどの環境の変化が起こりうる。そのような中,病気に関連した苦痛を伴う症状や,検査や処置による痛みや制限などの苦痛,また開始された治療に関連した症状の出現などさまざまな苦痛を子どもは経験する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る