緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 社会資源・医療以外の相談ごと

「緩和ケア」2014年6月増刊号
社会資源・医療以外の相談ごと

西田知佳子(ヒロオカクリニック,MSW)

医療の進歩とともに小児がんの診断・治療は的確になり,医師の病状説明の口調にも明るさが感じられる。しかし,そうは言ってもわが子が小児がんと診断されたときの親の衝撃は計り知れない。おそらく診断直後の主治医の説明は,頭が真っ白になって何もわからない親がほとんどと思う。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る