緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 闘病をとおして―親として今思うこと

「緩和ケア」2014年6月増刊号
闘病をとおして―親として今思うこと

中島弥生(家族)

長女が7 歳・小学校1 年生のときに発病してから14 年が経ちます。この間,多くの決断や覚悟をしながらの選択をして,常に病気を意識する生活をしてきました。入院中のことを思い起こして今の気持ちを書こうと思います。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る