緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > きょうだいのこと

「緩和ケア」2014年6月増刊号
きょうだいのこと

早田典子(順天堂大学医学部小児科・思春期科,CLS)

子どもが「小児がん」と診断されたら,患者本人だけではなく,親やきょうだい,家族の生活は一変する。入院している子どものきょうだいは,入院している子どもの病状を心配し,大変そうな親のことを気にしつつ,孤独感やさみしさ,制約された生活を強いられる。時に病気の子どもが羨ましく思うこともあるが,頑張っていい子にしている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る