緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 終末期に移行しつつあるとき

「緩和ケア」2014年6月増刊号
終末期に移行しつつあるとき

松岡真里(高知大学教育研究部医療系看護学部門臨床看護学講座小児看護学,小児看護CNS)
前田浩利(あおぞら診療所新松戸,医師)

近年,医療の進歩に伴い,多くの小児がんの子どもの命が救われるようになった。しかし,その反面,いまだに治癒が難しく,命を救うことのできない状況もある。「治すことができない」「命の時間に限りがある」,すなわち終末期に移行しつつあるとき,子どもや家族は,どのように感じ,どのような反応をされるだろうか。また,医療者はどのような姿勢,そして,ケアを求められるだろうか。
ここでは,先行研究の結果や筆者たちの経験を紹介しながら,終末期であっても,かけがえのない1 人の大切な子ども,そして家族であることを支えることについて考えたいと思う。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る