緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > エスビューローの原点にピアビリーブ メントケアがあった —わが子を亡くした親のこと

「緩和ケア」2014年6月増刊号
エスビューローの原点にピアビリーブ メントケアがあった —わが子を亡くした親のこと

安道照子(特定非営利活動法人エスビューロー)

エスビューローとは2000年5月大阪大学医学部附属病院でわが子を小児がんで亡くした代表の筆者と副代表が,当時の主治医らを巻き込んで設立した団体である。設立当初の活動は,医療従事者と患児家族の相互理解に役立つことを目的とした機関紙の発行と講演会や勉強会の開催。そして患児家族からの相談を受けることであった。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 Suppl

緩和ケア 2014年6月増刊号

\3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る