緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > ビリーブメントケアにおける具体的な対応と工夫(3)遺族会などに参加されない方への対応

「緩和ケア」2017年3月号
ビリーブメントケアにおける具体的な対応と工夫(3)遺族会などに参加されない方への対応

黒川 雅代子(龍谷大学短期大学部社会福祉学科)

WHO(世界保健機関,2002年)は,緩和ケアについて患者のケアだけではなく家族が死別後の生活に適応していくための支援についても述べている。そのため,全国のホスピス・緩和ケア病棟では,さまざまなかたちで遺族ケアが展開されている。
坂口らの2012年の調査結果によると,ホスピス・緩和ケア病棟で死亡した遺族に対して,「追悼会(遺族会・家族会)」を実施している医療機関が73%にのぼっていた。しかし,参加率は20%未満の施設が半数以上であったと報告している。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.2

緩和ケア 2017年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る