緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > ビリーブメントケアで大切にしているスキル(4)つながりが感じられる場の提供─チャプレンの存在を通して

「緩和ケア」2017年3月号
ビリーブメントケアで大切にしているスキル(4)つながりが感じられる場の提供─チャプレンの存在を通して

瀬良 信勝(亀田総合病院緩和ケア室)

筆者がチャプレンとして勤める亀田総合病院は非宗教立の急性期民間病院である。緩和ケア病棟を有せず,コンサルテーション型の緩和ケアチームが,がんや非がん,早期や終末期の区別なく,救命救急からリハビリの領域まで,対処困難な苦痛・苦悩を抱える患者および家族への介入依頼を院内の全科から受け活動している。筆者は,緩和ケアチームの一員としてチーム医療の一端(スピリチュアルケア)を担うとともに,独立した立場にて患者や家族および院内スタッフへのケアにあたっている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.2

緩和ケア 2017年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バ

ックナンバー
ページトップへ戻る