緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 看護領域別でのグリーフ研究の動向

「緩和ケア」2017年3月号
看護領域別でのグリーフ研究の動向

大槻 奈緒子(関西学院大学大学院人間福祉研究科)
坂口 幸弘(関西学院大学人間福祉学部)

看護は死にゆく人と関わる数少ない職種のひとつである。そのため,古くから看護の領域では死をテーマとする研究が行われてきた。これまでに大切な患者のいのちと向き合う看護師だからこそ得られた多くの研究成果の蓄積がある。本研究では,日本の看護領域別におけるグリーフ研究の動向を調査し,今後の研究課題やグリーフ研究の展望を検討することを目的とする。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.2

緩和ケア 2017年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バ

ックナンバー
ページトップへ戻る