緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > いま伝えたいことー先達から若い世代に<13>緩和ケア病棟での症状コントロール=在宅での症状コントロールとはならない

「緩和ケア」2017年3月号
いま伝えたいことー先達から若い世代に<13>緩和ケア病棟での症状コントロール=在宅での症状コントロールとはならない

山崎 章郎(在宅緩和ケア充実診療所ケアタウン小平クリニック)

もし,本来的な緩和ケアがなされるのであれば,緩和ケア病棟では,一般病棟より丁寧できめ細かな配慮に満ちたケアがなされるはずである。それでも,そこが病棟であることに変わりはない。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.2

緩和ケア 2017年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バ

ックナンバー
ページトップへ戻る