緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<14> オピオイド過量による呼吸抑制!─拮抗薬・ナロキソンの使い方

「緩和ケア」2017年3月号
緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<14> オピオイド過量による呼吸抑制!─拮抗薬・ナロキソンの使い方

神谷 浩平(山形県立中央病院緩和ケアセンター/緩和医療科)

● まず本当にオピオイド過量による緊急事態かを診断しよう。
● 重篤な「呼吸抑制」と「意識障害」を伴うときはナロキソンの使用を検討する。
● ナロキソン使用時は「退薬症状」による患者の苦痛にご注意を!

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.2

緩和ケア 2017年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バ

ックナンバー
ページトップへ戻る