緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<14> 緩和ケアの不眠,せん妄対策!─トラゾドンを中心に

「緩和ケア」2017年3月号
緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<14> 緩和ケアの不眠,せん妄対策!─トラゾドンを中心に

北浦 祐一(関西医科大学精神神経科学教室)
吉村 匡史(関西医科大学精神神経科学教室)

● 緩和ケアにおいて不眠・せん妄は介入するべき精神症状である。
● せん妄に対しては抗精神病薬が使用されるが,効果を十分に検証した研究は少ない。
●トラゾドンは効果・副作用の面において,これらの症状の緩和に有用な薬剤である。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.2

緩和ケア 2017年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バ

ックナンバー
ページトップへ戻る