緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > えびでんす・あれんじ・な~しんぐ(EAN)─実践力を上げる工夫<3> 放射線皮膚炎─洗浄と保湿

「緩和ケア」2017年3月号
えびでんす・あれんじ・な~しんぐ(EAN)─実践力を上げる工夫<3> 放射線皮膚炎─洗浄と保湿

遠藤 貴子(静岡がんセンター 看護部)

放射線皮膚炎(以下,皮膚炎)は,「放射線の影響で,照射部の皮膚に炎症が生じた状態」です。急性期の症状は,紅斑や脱毛,乾燥や色素沈着,乾性落屑や湿性落屑,出血などがあります。掻痒感や灼熱感,疼痛を伴い,外見の変化が生じることからもQOLを低下させ,増悪すれば治療を休止する要因にもなるため,悪化予防のためのセルフケアがとても大切になります。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.2

緩和ケア 2017年3月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る