緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 専門的緩和ケアを担う看護師に求められるもの

「緩和ケア」2017年5月号
専門的緩和ケアを担う看護師に求められるもの

新幡 智子(慶應義塾大学看護医療学部)

緩和ケアは,近年,がんだけでなく,非がんも含めて広く必要とされるケアとして考えられている。超高齢化社会,多死社会を迎えた日本では,がんとともに認知症をもつ患者・家族や非がん疾患の患者・家族のエンド・オブ・ライフを支えていく機会もますます増えていくだろう。基本的緩和ケアは,がんに携わるすべての医療者が身につけるべき知識・技術とされているが,緩和ケア病棟や緩和ケアチーム,在宅で,専門的に緩和ケアを実践している看護師には,どのようなことが求められていくのだろうか。また,それに応えていくためにはさらにどのような力を磨いていく必要があるのだろうか。これらについて,これまでに取り組んだ研究や教育プログラムの体験をふまえて考えていきたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.3

緩和ケア 2017年5月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る