緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 腫瘍内科が緩和ケア専門家に期待すること

「緩和ケア」2017年5月号
腫瘍内科が緩和ケア専門家に期待すること

吉田 健史(近畿大学医学部附属病院がんセンター緩和ケアセンター/腫瘍内科)

筆者は,近畿大学医学部附属病院において腫瘍内科医として頭頸部がん・肺がん・消化器がん・乳がん・肉腫などの化学療法を担当すると同時に,緩和ケア外来・緩和ケアチーム・連携ホスピスにおいては身体緩和担当医師としても活動している。このような腫瘍内科医と緩和ケア医両方のコミュニティに参加し,両者の意見が聞ける立場から「腫瘍内科が緩和ケア専門家に期待すること」や「腫瘍内科と緩和ケアの望ましい連携のありかた」について述べていきたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.3

緩和ケア 2017年5月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る