緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > えびでんす・あれんじ・な~しんぐ(EAN)─実践力を上げる工夫<4> 死前喘鳴─患者さんのそばで苦痛を感じている家族のケア

「緩和ケア」2017年5月号
えびでんす・あれんじ・な~しんぐ(EAN)─実践力を上げる工夫<4> 死前喘鳴─患者さんのそばで苦痛を感じている家族のケア

清水 陽一(国立がん研究センター社会と健康研究センター健康支援研究部)

死亡時間数前から数日前に気道内分泌物の貯留により生じる喘鳴を死前喘鳴と呼び、死亡直前に生じる特徴的な症状のひとつです。
死前喘鳴に対するケアについて介入研究の報告はなく、十分なエビデンスが得られていません。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.3

緩和ケア 2017年5月号

\1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る