緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がんによるお金の相談,増えてます。〔最終回〕 障害年金 診断書の作成 ~記載事例と注意したいポイント~

「緩和ケア」2014年11月号
がんによるお金の相談,増えてます。〔最終回〕 障害年金 診断書の作成 ~記載事例と注意したいポイント~

石田 周平(石田社会保険労務士事務所 NPO 法人がんと暮らしを考える会 特定社会保険労務士)

皆さん,こんにちは。障害年金の専門家,社会保険労務士の石田です。
 医師の方々が作成する診断書は,年金・労働災害・健康保険・身体障害各法・民間医療保険などとさまざまです。その中でも,障害年金のような複雑な診断書から,単に休養日数を証明する比較的簡単なものまで多岐にわたっており,診断書作成にお困りの医師の方々が多いと思います。
 そこで,最終回では,医師の方々にとって診断書の中でも特に労力と時間を要し,がん患者の年金申請の際に最も多く使われる,障害年金の診断書「様式第120 号の7」の記載事項に関して注意したいポイントをお話ししたいと思います。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.6

緩和ケア 2014年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る