緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケアの症状マネジメントup to date 向精神薬の選び方up to date

「緩和ケア」2014年9月号
緩和ケアの症状マネジメントup to date 向精神薬の選び方up to date

上村 恵一(市立札幌病院 精神医療センター)

治療/ケアの特徴─ここが新しい

・Point
1.ラメルテオン(ロゼレム®)は,高齢者の救急入院患者のせん妄を予防する。
2.最新のがん患者を対象としたうつ病・抑うつ症状に対する抗うつ薬のメタ解析において,選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)や四環系抗うつ薬は,プラセボと比較して有効であることが示唆された。

〈1〉メラトニン作動薬であるラメルテオンには,せん妄予防効果がある可能性が示唆された
2014 年に発表された論文では,わが国のICU,救急病棟に入院となった被験者67 人(ICU24 人,救急病棟43 人)を対象に,ラメルテオンとプラセボが無作為に割り付けられた。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.5

緩和ケア 2014年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る