緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 2014 年度 診療報酬改定と医療介護総合確保推進法に伴う,緩和ケア病棟の位置づけと今後

「緩和ケア」2014年9月
2014 年度 診療報酬改定と医療介護総合確保推進法に伴う,緩和ケア病棟の位置づけと今後

木下 寛也(国立がん研究センター東病院 緩和医療科)

 本稿においては,7 対1 入院基本料の算定要件の厳格化と病床機能報告制度を中心に解説するとともに,これらに関連する今後の緩和ケア病棟の位置づけについて若干の私見を述べる。ただし,7 対1 入院基本料の算定要件の厳格化については経過措置があり,病床機能報告制度についての詳細は現在検討中であり,厚生労働省が公表している資料等からの推測による記述を含むことを了解
いただきたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.5

緩和ケア 2014年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る