緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がんによるお金の相談,増えてます。<3> 障害年金診断書の作成~請求と認定要領編~

「緩和ケア」2014年9月
がんによるお金の相談,増えてます。<3> 障害年金診断書の作成~請求と認定要領編~

石田 周平(石田社会保険労務士事務所 NPO 法人がんと暮らしを考える会 特定社会保険労務士)

 第3 回では,障害年金の請求と障害の認定要領についてお話ししたいと思います。
 
障害年金の請求から支給決定までの流れを,医療従事者の方にも理解していただき,医師が作成する診断書の重要性を,再認識していただければと思います。
 
 第1 回で,悪性新生物(がんを含む)による障害認定基準を紹介させていただきました(本誌24巻3 号p.228)が,この認定基準は抽象的な基準を示すにとどまっています。
 
 そのため,障害ごとに具体的な認定要領が設けられていますので,今回は,がん患者の障害認定要領「悪性新生物による障害」についてご説明し
たいと思います。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.5

緩和ケア 2014年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る