緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 口腔粘膜吸収性フェンタニルと突出痛 改めて突出痛の概念を考え,その特徴を知る

「緩和ケア」2015年1月号
口腔粘膜吸収性フェンタニルと突出痛 改めて突出痛の概念を考え,その特徴を知る

山口 崇(神戸大学医学部付属病院 緩和支持治療科)
木澤 義之(神戸大学大学院 医学系研究科 内科系講座 先端緩和医療学分野)

 最近,わが国でも口腔粘膜吸収性フェンタニル製剤(以下,粘膜吸収性フェンタニル)が使用できるようになり,突出痛に対して「どのように治療するか?」ということとリンクして,突出痛という症状を「どう捉えるか?」ということが重要となっている。

 本稿では,突出痛の概念を整理し,その臨床的な特徴を述べる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.1

緩和ケア 2015年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る