緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 口腔粘膜吸収性フェンタニルについてのQ&A 「 飲めない」だけの理由で使っていいの?

「緩和ケア」2015年1月号
口腔粘膜吸収性フェンタニルについてのQ&A 「 飲めない」だけの理由で使っていいの?

小杉 寿文(佐賀県医療センター好生館 緩和ケア科)

昨年(2013年),わが国でも2種類の口腔粘膜吸収性フェンタニル製剤(以下,粘膜吸収性フェンタニル)が発売された。この製剤の最大の特徴は,フェンタニルの脂溶性の高さから,口腔粘膜吸収率も高く,効果発現が速く,持続時間が短いという点にある。経口モルヒネや経口オキシコドンの速放性製剤であるSAO(short-acting opioids)製剤に対して,ROO(rapid-onset opioids)製剤と呼ばれ,その「正式な」適応は「強オピオイド鎮痛剤を定時投与中の癌患者における突出痛の鎮痛」である。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.1

緩和ケア 2015年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る