緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 口腔粘膜吸収性フェンタニルについてのQ&A 在宅でどう使う?

「緩和ケア」2015年1月号
口腔粘膜吸収性フェンタニルについてのQ&A 在宅でどう使う?

中島 一光(いきいき在宅クリニック)

 アブストラル®舌下錠(アブストラル®)/イーフェンバッカル錠(イーフェン)は,これまでにない画期的なオピオイドとして登場し,今後の活躍が大きく期待されている薬剤であるが,在宅で使う時には,さまざまな問題点も抱えている。後で述べるタイトレーションの問題が最も大きいが,それ以外にも,
使用してみると,取り扱い上,次のような問題点が挙げられる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.1

緩和ケア 2015年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る