緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 口腔粘膜吸収性フェンタニルについてのQ&A アブストラル®舌下錠とイーフェンバッカル錠,どちらを使う?

「緩和ケア」2015年1月号
口腔粘膜吸収性フェンタニルについてのQ&A アブストラル®舌下錠とイーフェンバッカル錠,どちらを使う?

岡本 禎晃(市立芦屋病院 薬剤科)

 2013 年に,日本においてフェンタニルクエン酸塩(以下,フェンタニル)の口腔粘膜吸収性剤が2 種類発売され,これらは即効性オピオイド薬(ROO;rapid onset opioid)と表現される。ほぼ同時に発売されたことから,各施設においてはどちらを採用するかで検討が重ねられている。
 
 なぜ,検討が重ねられるかについては,両剤はほぼ同じ効果が得られるのに対して,製剤学的特徴や薬物動態が異なることから,一部の患者にとっては有利・不利があることも一因であると考える。
 
 本稿では,製剤学的,あるいは体内動態などの差異と,筆者の少ない経験について述べる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.1

緩和ケア 2015年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る