緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<1> 皮下点滴を始める時のコツ

「緩和ケア」2015年1月号
緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<1> 皮下点滴を始める時のコツ

西 智弘(川崎市立井田病院 かわさき総合ケアセンター)

●末梢ルート確保困難な時に,皮下点滴を知っておけば患者も,家族も,医療者も負担が減る。

● 輸液の選択には浸透圧比に注意する。

● 在宅でも皮下点滴は大きな味方。家族のご協力と,道具の工夫が必要。

● 家族との話し合いは最初が肝心。皮下点滴の意義をみんなでよくディスカッションする。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.1

緩和ケア 2015年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る