緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 新着情報 > 「緩和ケア」誌 11月号 目次を大公開です!

「緩和ケア」誌 11月号 目次を大公開です!

2015年9月24日

「緩和ケア」誌11月号 特集テーマは、
「若年成人がん患者の緩和ケア―現場で知っておくべきYA世代の特徴と治療・ケア」

20歳代、30歳代(young adult;「YA世代」)のがん患者は、がん患者全体からみると決して多くはありません。
しかし、YA世代は過去数十年間でがんの5年生存率が上がっていない唯一の年齢層であり、
高齢患者と比べ、がん種や生物学的特性の違い、治療方法の違い、心理社会的ニーズの違い等が示唆されるため、ほかの年齢層とは切り離して考えるべき対象なのではないかといわれ始めています。
中でも、YA世代のがん患者の最大の特徴は、心理社会的なニーズにあります。
学生から社会人への移行、恋愛、結婚、子育てなど、多様な発達過程を経ながら、家族や社会の中でアイデンティティを形成する年代です。
再発・進行期から終末期の若年成人がん患者や家族に対して、緩和ケアには何ができるのでしょうか。
本特集では、再発・進行期~終末期において、いかに患者・家族の苦痛を軽減し、生活の質(QOL)の向上につなげることができるか、臨床に直結できる知識が満載です!

☆気になる目次を大公開します☆
発行は11月15日予定です!

★特集にあたって│森 雅紀、他 
★若年成人がん患者における緩和ケア―治療期から終末期まで│森 雅紀
★若年成人がん患者の闘病のプロセスをともに歩む
―YA世代の心理・社会的特徴とアプローチ│枷場美穂

★現場で知っておくべき家族の課題と看護師にできること
(1)若年成人がん患者の“親”のケア│畠山とも子
(2)若年成人がん患者の“子ども”のケア│奥寺さおり
(3)若年成人がん患者の“パートナー”のケア│柏木夕香

★若年成人がん患者が利用できる社会制度
―緩和ケアの臨床家が知っておくと、患者の治療・ケアに役立つこと
│品田雄市
★若年成人がん患者の意思決定支援 
―誰がいつ話し合いを始める? 患者の意思をどう確認する?どう自律を支える? 家族・パートナーの意思との兼ね合いは?│入江佳子
★若年成人がん患者を支える医療者のケア
―医療者同士でできること、医療者のセルフケア│青木和惠

ページトップへ戻る